綺麗な歯の為に

インプラントには骨の厚さが必要

インプラント

インプラントには主にチタンおよびチタン合金が使用され、この金属は人体との親和性が非常に高く、金属アレルギーも滅多にありません。 水に溶けず、錆びにくく、さらには、チタン製歯根の周りには徐々に歯の成分となるカルシムが取り巻き、より人体に馴染んでいきます。 しかしながら、インプラント治療は、顎の骨の幅と深さが必要不可欠となっていて、顎骨が薄い、脆い場合には歯根を埋め込む事が出来ませんでした。 現在では、これまで骨の薄さでインプラント治療を受けられなかった人も、骨移植を行う事でその悩みを解決できます。

自分にあった骨移植を選ぼう

骨移植には大きく分けて2種類あり、まず1つは「自家骨移植」です。 腰や脛の骨などから骨片を採取する方法がありますが、これはよほど顎の骨が薄い場合の事であり、通常は、下顎骨から僅かな骨を採取します。 自分自身の骨であるため、拒絶反応が起こらず、成長も早い方法です。 2つめは「人工骨移植」です。こちらは名前の通り、炭酸カルシムやリン酸カルシムといった人工骨と、自分の骨を混合させて使用する方法です。 自家骨の利用が少なくなる為、体への負担が最小になり、後遺症も出にくくなりますが、成長速度では自家骨移植に劣ります。 顎骨の幅は足りないが移植するまでも無い、と言う場合には、骨の成長を促す特殊膜を利用して骨幅を広げる方法等もあるので、自分に合った方法を探しましょう。